アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT300km

2018/05/25 22:17
2006年から始まったSUPER GTとしての鈴鹿1000km(年によって700kmだったり500kmだったりしますが、便宜上1000kmで統一します。)は、
2017年をもって一旦幕引きとなりました。
2018年は2010年まで開催された鈴鹿GT300kmのレースフォーマットが復活することになりました。
ここ数年、SUPER GTの観戦は鈴鹿1000kmの一戦のみでしたので、久しぶりのスプリントレースに最後まで体が順応しないまま終わってしまいました。

レースウィークの二日間とも青空に白い雲が気持ちよく浮かび、太陽の光が降り注ぐ好天に恵まれました。
…が、土曜日は好天とは裏腹に観覧車が営業を停止する程の強風が吹き荒れ、肌寒さを感じる一日となりました。

今回のテーマは『新緑薫る、五月の鈴鹿GT300km』。
鈴鹿サーキットの青空、白い雲、新緑の鮮やかさにSUPER GTマシンの華やかさが加わったレース風景を撮影してみました。
鈴鹿サーキットでの観戦がメインな私にとって、これで今シーズンのSUPER GT観戦が終わりかと思うと、やっぱり物足りなさを感じてしまいますね。
とりあえずまだ5月ですので、『マタライネン』は言わないでおきます。(笑)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EF16-35mm F4L IS USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EXT EF1.4×III EF2×III
記事へトラックバック / コメント


2018岐阜県ラグビー祭

2018/05/04 11:48
ヨンニッパIS2型に切り替えて初のフィールドスポーツ撮影。
メインゲームの朝日大学VS早稲田大学戦では、早稲田大学のパワー、スピード、テクニックの高さを存分に堪能する事が出来ました。

フィールドスポーツを撮影して、ヨンニッパの『味』はやっぱり自分の好みにあっていると実感しました。
全体的に1型よりも描写はシャープになった印象を受けました。AFのスピードは相変わらず速いです!
あとはボディのAFカスタマイズを行い、薄いピントをいかにしてコントロールしていくかを考えながら撮影する必要がありますね。

撮影後家に帰って気付いたのですが、1DXを購入した直後、レンズ光学特性補正データをヨンニッパIS1型に変更した事をすっかり忘れていたため、ヨンニッパIS2型のレンズ光学特性補正データが未登録のままになっていました。
キヤノンのウェブサイトによると、1DX2ではすでに発売時のレンズ補正データはカメラに内蔵済であり、新レンズ登場時はレンズにデータがあるため追加登録不要。5D4は新レンズのデータをEOS Utilityを介してカメラに追加登録することが必要との事です。
という事で、ほとんど使っていなかったEOS Utilityをアップデートして1DXとPCをUSBケーブルで接続し、ヨンニッパIS2型(テレコン付きを含む)の補正データをヨンニッパIS1型と入れ替え、EF16-35mm F4L IS USMとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの補正データもあわせて追加登録しました。

またしばらくモータースポーツ撮影が中心となりますが、フィールドの芝が鮮やかなうちにもう一度フィールドスポーツを撮りにいきたいですね。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


【撮影機材】
※EOS-1D X+EF400mm F2.8L IS II USM,EXT EF1.4×III
※EOS 5D Mark IV+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

Shift_My Haphazard Life 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる