2012年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン 第7戦

『フォーミュラ・ニッポン』としては最後となる今回のレース。 諸般の事情により決勝当日のみの観戦となりましたが、大逆転によるチャンピオン決定の瞬間を目の当たりにできてよかったです! 唯一の心残りは、2レースともにウイニングランの撮影に失敗した事! 他の場所では手を上げてくれただけに、最後の最後で運のなさが尾を引く結果となってしまいました…。orz 現地でお会いした皆様、お疲れさまでした! 今シーズンのモータースポーツ観戦はこれで終了となります。また来年もよろしくお願いします!!(^^)
画像
画像
画像
画像
画像
レース1のウィナーは伊沢拓也選手!これで手が上がっていれば文句なしでしたが…。(泣)
画像
レース2のウィナーは中嶋一貴選手!これで手があ(ry よく見るとバイザーの奥に両目が確認できますね。
画像
チーム・チャンピオンはDOCOMO TEAM DANDELION RACING!!
画像
ドライバーズ・チャンピオンは中嶋一貴選手!!
画像
そしてそして、おまけも3連発~!!! あさいちばんの そら&たいよー&ひこーきぐも&ばるーん!
画像
ひこーき@ガッツリトリミングぅ~!(4発機でラッキー♪)
画像
ポロリの『決定的瞬間』もあるでよー!(笑)
画像
【撮影機材】 ※1・2・3・8・9・11枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM ※4・10枚目:EOS-1D MarkIV+EF17-40mm F4L USM ※5枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF×2II+EF×1.4II ※6・7枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF×2II ※12枚目:EOS-1D MarkIV+EF70-200mm F2.8L IS II USM
posted by 初期型ブラックランダー at 23:51Comment(0)

2012 SUZUKA 2&4 RACE Vol.5

鈴鹿2&4のラストは走行イベントの模様をアップします。 まずはHondaロードレース名車デモンストレーションラン! デモランは3月の50周年ファン感謝デーでも開催されたわけですが、今回は本田!ホンダ!!Honda!!! CB500Rをライディングするのは、ファン感と同じくタディこと岡田忠之さん! マシンは1975年製ということですが…。私まだこの世に生まれておりませ~ん。(笑)
画像
ちなみにファン感の時に撮影した写真がこちら。
画像
NSR500ライディングするのは、MotoGPの解説でおなじみの宮城光さん! マシンは1989年製。当時の私は小学生でございました。
画像
そして最後にNS500をライディングするのは、我らがイトシンこと伊藤真一さん! ツナギは昨年MotoGPにスポット参戦した際のHRCカラーですね~。 今年の8耐にもぜひエントリーして欲しいところであります!!
画像
露出をプラス補正して、強引にバイザー越しの目を見えるようにしてみる。(^^;)
画像
続いて、これまた3月のファン感で勝負が持ち越しとなった夢のF1競演・中嶋悟×星野一義最終決着! …のはずでしたが、今回は星野御大の操るウィリアムズFW11にトラブルが発生したため、またも勝負はお預けになってしまいました。 果たしてこの企画の終焉はいつになるのでしょう? という事で、星野御大&ウィリアムズFW11。
画像
こちらはファン感で撮影した一枚。
画像
中嶋悟&ロータス100T。
画像
せっかくなので、中嶋&ロータス100Tもファン感で撮影した写真をアップしてしまおう。(^^;)
画像
前回も少しご紹介したProject μ/CERUMO・INGINGの新キャラクター、山口美羽ちゃん。 こういったキャラものを撮る時は速めのシャッタースピードで…と考えてしまいますが、それでは面白くな~い。 ならばどうするか?もちろん彼女(の絵)にピントを当ててスローシャッターで流し撮りです!(笑)
画像
画像
今年は桜を撮っていなかったので、鈴鹿サーキットで一枚パシャリ。…機材は1D4とヨンニッパですが。(^^;)
画像
こうして2日間の撮影を無事(?)に終えた、我らが『チーム・キヤノン』。 その疲労感が各々使用されている機材にも表れているようで、直立不動もままならずグロッキー状態での記念撮影に…。
画像
ん?ど真ん中に元気そうなコンデジ君がいますね~。きっとクア・ガーデンでひとっ風呂浴びてきたに違いない!(笑) DPPの新機能であるデジタルレンズオプティマイザを使い、TIFFで現像後SILKPIXでアンシャープマスクをかけてJPEG現像してみました。 効果の程は…多分あると思うのですがよくわかりません。(^^;) それぞれ機材を担ぎ、さあ帰ろうとした我々の目に飛び込んできたものはあのdocomoブース!! しかも綺麗なお姉さん方がいらっしゃるではありませんかっ!!! その直後、長距離砲軍団による異様なプチ撮影会が開催されたのは言うまでもございません…。
画像
画像
一緒に行動させて頂いた皆様、二日間ありがとうございました!!(^^) 【撮影機材】 ※1・3・4・5・6・8枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF1.4×II ※4・10・11・12・14・15枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM ※2枚目:EOS-1D MarkIII+EF400mm F2.8L IS USM ※7・9枚目:EOS-1D MarkIII+EF400mm F2.8L IS USM+EF2×II ※13枚目:EOS 5D+EF17-40mm F4L USM
posted by 初期型ブラックランダー at 21:30Comment(2)

2012 SUZUKA 2&4 RACE Vol.4

今回はフォーミュラ・ニッポンの日曜日の模様から。 朝のフリー走行は2コーナーの立ち上がりを場所を変えたり設定を変えたりしながら撮っていました。
画像
画像
激感エリアの皆さ~ん、山口美羽ちゃんはバッチリ撮れましたか~?(笑)
画像
決勝は再びヘアピンへ。 どうやって撮ろうかなぁ~と考えていたら、あっという間にレースが終わってしまいました…。orz 決勝ではFポンフル参戦となった松田次生選手を中心に撮っていました。
画像
画像
画像
表彰式は蚊帳の外からさりげなく。テレコンなしで撮影したため、ガッツリとトリミングしております。(^^;)
画像
【撮影機材】 ※1・2・5・6枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF2×II ※3枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF1.4×II ※4・7枚目:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM
posted by 初期型ブラックランダー at 00:01Comment(0)

2012 SUZUKA 2&4 RACE Vol.3

今回はフォーミュラ・ニッポンの土曜日の模様から。 2012年のフォーミュラ・ニッポンは雨で幕を開けました。 午後の予選時に天候が回復する予報が出ており、ウェット走行をするマシンは少ないのでは?と危惧したが、それは杞憂に終わりました。 ウェット路面を駆け抜けるフォーミュラカーはやはりカッコいいです!
画像
画像
画像
画像
画像
天気予報どおり、午後の予選はドライコンディションとなりました。 一部ウェットパッチの残る路面をスリックタイヤを装着した各車が猛然と駆け抜けていく。
画像
画像
開幕戦のポールシッターは自身初のポールとなる伊沢拓也選手。 今シーズンのフォーミュラ・ニッポンは群雄割拠となりそうな予感がします!!
画像
【撮影機材】 ※ALL:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM
posted by 初期型ブラックランダー at 20:48Comment(0)

2012 SUZUKA 2&4 RACE Vol.1

今シーズン初の鈴鹿サーキット公式戦の観戦&撮影となった、鈴鹿2&4! 2輪はJSB1000、4輪はフォーミュラ・ニッポンの白熱したレースを存分に堪能して参りました!(^^) 今回は各レースのウィナーをアップします。 JSB1000のウィナーは、高橋巧選手!
画像
フォーミュラ・ニッポンのウィナーは、中嶋一貴選手!
画像
今回のウイニングランはヨンニッパと2倍テレコンを使って撮影してみました。 現像時にトリミングやパラメーター調整をしていますが、2倍テレコンを挟んでもこれだけ写るとは…。 やっぱりヨンニッパはスゴいレンズです!! 【撮影機材】 ※ALL:EOS-1D MarkIV+EF400mm F2.8L IS USM+EF2×II
posted by 初期型ブラックランダー at 23:51Comment(4)

2011 SUZUKA 2&4 RACE Final

鈴鹿2&4のラストは、いろいろ雑感を記していきたいと思います。 まずは激感エリアについて。 2輪のレースでは2009年の鈴鹿8耐以来となる、激感エリアでの撮影。 前回はEOS 40Dとゴーヨンの組み合わせでしたが、今回はボディを1D3にチェンジしての撮影となりました。 実際に撮影してみると、センサーサイズがAPS-Hになった事でAPS-Cの時よりもやや撮影しやすくなったと実感できました。
画像
同じ激感エリア内でも、場所や位置、さらにシャッターを切るタイミングが変わると…。
画像
こんな感じになります。 一方、4輪(フォーミュラ・ニッポン)ではどうなのか? こちらは正直、500mmではやや長いような気がしました。
画像
イメージとしてはヘルメットをもう少し左側に寄せてフロントノーズをフレーム内に収めて表現したかったところですが、なかなか上手く撮れませんでした…。 とはいえ、金網のない場所から加速していくマシンを至近距離で撮影できるポイントは滅多にないので、パドックパスを購入して足を運んでみる価値は大いにあると思います! が、激感エリアの最前列にいるにも関わらず、周りの迷惑を顧みず脚立を使って撮影・観戦する者達に告ぐ! 『敢えて言おう、○○であると!』(一部自主規制あり) いい写真を撮りたい、あるいは一番いい場所で走行シーンを見たいという気持ちは誰でも一緒です。 しかしながら、そればかりに気をとられることなく周りの方々への十分な配慮も忘れないで頂きたいと思います。 続いて、サーキットで購入できるおすすめ商品のご案内。 以前も私のブログでお伝えしている通り、私の妻はキティちゃんが好きなわけでして、家にはいろんなキティちゃんグッズがあります。 今回鈴鹿に行くにあたり、何気にペトロナスチームトムスのHPを見ていたらキティちゃんとトムスのコラボグッズがある事を知りました。 せっかくなのでこの機会に妻へのお土産として、この『ハローキティ meets トムス』グッズを買ってくることにしました。 で、今回購入してきたのがこちら。
画像
なぜか3点も買ってしまった…。orz 特にRQのキティちゃんとレーシングスーツ姿のダニエル君のペアマスコットセットは、個人的におすすめの一品ですね~。 夫婦やカップルでそれぞれ一体ずつ持つのもよし。 サーキットに着いたらこれを買って、ピットウォークで箱にサインをもらうのもよし。 あるいは、どこかの誰かさんみたいに結婚式or披露宴の演出として使うのもよし。(笑) 通販でも購入できますが、ぜひここはサーキットに足を運んでレースを楽しむのと同時にキティちゃんグッズもゲットしてください♪(^^) そんなわけで、ラストはFNデビュー戦で見事第3位表彰台を獲得した、PETRONAS TEAM TOM'Sの中嶋一貴選手!
画像
【撮影機材】 ※1~3・5枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM ※4枚目:EOS 5D+EF50mm F1.8Ⅱ
posted by 初期型ブラックランダー at 01:21Comment(2)

2011 SUZUKA 2&4 RACE PW…ナンテコッタイ/(^o^)\

今回の2&4ではパドックパスを購入した事もあり、久しぶりにピットウォークにも参加してきました。 同時に、EF70-200mm F2.8L IS II USMを購入して、初のピットウォークでもあります。 一緒に参加された『巨匠』のysk524さんにアドバイスなどを頂きながら、いざ『男の戦い』へリフトオフ!!(`・ω・´) 私たちの作戦は、もちろんエヴァレーシングに展開されたATフィールドの一点突破です!
画像
・ ・・ ・・・。 人大杉でんがな!!!(´・ω・`) エヴァレーシングのピット前は、それはもう大変な盛況ぶりでございました。 本家ヤシマ作戦のごとくATフィールドをポジトロンスナイパーライフルで貫こうとするも、そのATフィールド自体非常に強固なものであり、途中で作戦遂行を断念。 結局、私の内部電源はそこでほとんど失われてしまいました…。orz まあ、ぐだぐだするのも何なので、一応結果報告だけ。 エヴァンゲリオン零号機パイロット、綾波レイ・・・もとい、水谷望愛さん。
画像
エヴァンゲリオン弐号機パイロット、式波・アスカ・ラングレー・・・もとい、野呂陽菜さん。
画像
そして、最後のシ者(=タブリス)こと渚カヲル・・・もとい、釆女華さん。
画像
この容姿を見ると、カヲル君というよりはむしろFFX-2の主人公の一人であるパインを想像してしまうのは私だけでしょうか?(^^;) という事で、私が撮影したお姉さんの写真は以上でございまする。 これ以上をお望みでしたら、『巨匠』のところでお楽しみくださいませ。(^^;) ここからは私の個人的な好みで撮影した写真を掲載していきます。(笑) 柳川明選手は大勢並んでいたファンの皆様に丁寧にサインをされていました。
画像
土曜日には掲示されていなかったTSRの看板。やっぱりこの看板と、看板に書かれた名前を見ると嬉しくなります!!
画像
そして、さらに嬉しい事に2011年鈴鹿8耐に伊藤真一選手の参加が決定しました!!!(^^) チームは今回のJRRでエントリーしたTSRで、ペアを組むのは2009年と同じく秋吉耕佑選手です!
画像
以上、鈴鹿2&4のピットウォークの模様をお届け致しました。 K先輩、今年の8耐までに日本に帰ってきてくださ~い!!! 【撮影機材】 ※ALL:EOS-1D MarkIII+EF70-200mm F2.8L IS II USM
posted by 初期型ブラックランダー at 00:06Comment(2)

2011 SUZUKA 2&4 RACE 決勝\(^o^)/

予選の撮影は見るも無残な結果に終わってしまった事もあり、一夜明けた決勝はなんとか一矢報いてやるぞ! と気合を入れて鈴鹿サーキットに向かいました。 が、やっぱり一日でどうにかなるような甘いものではありませんでした…。 NDフィルターのND16を初めて実践投入するも、ファインダーが真っ黒で被写体も自分も見失う始末。 疲れの影響か、比較的速めのシャッタースピードで撮影しても画像がシャキッとしない。 ちょっとよさげな構図の写真には、草木や金網がこれ見よがしに写っていたり…。 『敢えて言おう、惨敗であると!』 撮影は惨敗でしたが、レース自体は非常に見ごたえのある内容でした!! JSB1000クラスは、終始上位4選手による激しい攻防を制した秋吉耕佑選手が見事に優勝!
画像
そして、我らが伊藤真一選手は3位表彰台獲得!! 私はヘアピンで観戦していましたが、中須賀選手と接触した時には思わず2009年シーズン最終戦の接触シーンが頭をよぎりました。
画像
お気づきでしょうか?伊藤選手のヘルメット、実は決勝仕様のブラックなんですよ~。 フォーミュラ・ニッポンは、ポールポジションからスタートした山本尚貴選手がアクシデントにより後退! ピエール北川さんの実況がサーキット内に伝えられると、観戦された方々からは「あ~っ!」とため息がもれていました。
画像
代わって首位に立った小暮選手がレースを引っ張るも、ピット作業でアンドレ・ロッテラー選手が逆転!! そのままチェッカーを受けて、初戦を勝利で飾りました。
画像
せっかくなので、ウイニングランをもう一丁。
画像
以下、JSB1000とフォーミュラ・ニッポンから自己満足の1枚ずつを掲載します。(少なっ。)
画像
画像
という事で、レースレポートは終了でございます。 『この次こそは、サービスサービスぅ!』 …保証はしかねますが。(^^;) 現地でお会いした皆様、本当にありがとうございました!!(^^) 【撮影機材】 ※ALL:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM
posted by 初期型ブラックランダー at 22:30Comment(10)

2011 SUZUKA 2&4 RACE 予選…orz

今シーズン初の公式戦観戦&撮影となった、鈴鹿2&4! …なんですが、久しぶりに撮影した写真はまあ見るも無残な結果のオンパレードで、壊滅状態となりました…。 とりあえず今日はその場にいた事の証明写真だけ掲載しておきます。 JSB1000クラスのポールポジションは、昨年王者の秋吉耕佑選手! 我らが伊藤真一選手は予選4番手で明日の決勝に挑みます!!
画像
フォーミュラ・ニッポンは、『部長』こと山本尚貴選手が初のポールポジション獲得! 今年こそチャンピオン獲得の期待がかかる小暮選手は、予選2番手でした。
画像
明日の決勝はとても見ごたえのある展開になりそうで、とても楽しみです! そして、今日は壊滅的だった撮影も明日は何かしら手ごたえのあるものを持って帰れるように頑張りたいと思います!! 一方こちらは…もっと大変な事になりそうな予感がします。(^^:)
画像
【撮影機材】 ※1・2枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM ※3枚目:EOS-1D MarkIII+EF70-200mm F2.8L IS II USM
posted by 初期型ブラックランダー at 21:28Comment(12)

ミエナイチカラ

2011年3月11日14時46分、私は鈴鹿サーキットの最終コーナーにいました。 当時私は揺れを感じませんでしたが、セッションが赤旗中断となり、場内アナウンスで地震が発生した事を知りました。 その後、ツイッターを見てこの地震が今までになく大規模である事を知り、地震と津波で被害が甚大になっている事も知りました。 それからは地震や津波の事で頭が真っ白になり、目の前を通り過ぎるマシンを撮影する事ができなくなってしまいました。 自宅に戻りテレビの電源を入れると、この地震と津波で受けた被害の大きさを目の当たりにし、何も言葉が出てきませんでした。 本来ならば帰宅後すぐにブログを更新するつもりでしたが、とてもそんな気分にはなれず、ただテレビを見ながら週末を過ごしていました。 今回の地震で被災された皆様、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 私には被災された方々を励ましたり救ったりする力はないかもしれません。 しかしながら、私が今回のFN合同テストで撮影した写真をこのブログに掲載して見ていただく事はできます。 今回中止となったファン感謝デーに足を運ぶ予定だった方々やモータースポーツファンの皆様へ、FNの走行シーンをお伝えしたいと思います。 また、ゼクさんやマスター紅さんがさまざまな思いを抱えながらブログの更新を再開された事が、今回ブログ更新をするべきか悩んでいた私に大きな力となりました。 ゼクさん、マスター紅さん、私に力と勇気を与えて頂き、本当にありがとうございました。 そして、私にも何かできるはないかとネットで探していたところ、Tポイントを使って地震で被災された方々へ募金できる事を知りました。
画像
本当に微力ながら、私が持っていたTポイント1000ポイントを使って募金させて頂きました。 もしこのブログをご覧の方々でTポイントをお持ちの方は、何卒こちらのTポイント募金へのご協力をお願い致します。 URLはこちらです。 ガンバレ、ニッポン!!
画像
画像
画像
画像
画像
画像
【撮影機材】 ※1・5枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II ※2枚目:EOS-1D MarkIII+EF70-200mm F2.8L IS II USM+EF2×II(トリミングあり) ※3・4枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM ※6枚目:EOS-1D MarkIII+EF70-200mm F2.8L IS II USM
posted by 初期型ブラックランダー at 20:45Comment(8)

SUZUKA 2&4 RACE #5

2&4最終回は、今度こそ復活のイデ・・・選手です。 イデと言っても、決して『ジムのでっかいバージョン』ではありません。(笑) このマシン、やっぱり『無限 POWER』のロゴとカラーリングがカッコいいですね~♪(^^)
画像
画像
画像
画像
次にFNを観戦できる機会は、11月の鈴鹿最終戦になってしまうのが寂しいところです・・・。(泣) 【撮影機材】 ALL:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II
posted by 初期型ブラックランダー at 10:00Comment(2)

SUZUKA 2&4 RACE #3

今回は2&4の"4"、フォーミュラ・ニッポンの予選日の模様をお届けします。 フォーミュラ・ニッポン(以下FNと略)の予選はノックアウト方式で、次々に塗り替えられていくラップタイムと順位の推移を楽しむ・・・はずなんですが。 なかなかマシンがコースに出てきません!!! 特にQ3ではアタックラップに入るタイミングが非常に遅く、実況をされていたピエール北川さんも『早くコースにでてね~♪』とおっしゃっている状況でした。(笑) ただ、そうはいっても国内のトップフォーミュラだけあってマシンは非常に速く、撮影は困難を極めました。 さらには太陽が雲の切れ間から出たり入ったりを繰り返していたため、露出がコロコロ変わり翻弄されっぱなしでした。 そのため、撮影結果も散々なものになってしまいました・・・。(泣) 当初は予選の模様をアップしないでおこうかとも思いましたが、あまりにもネタが少ないのでアップさせて頂きます。 午前中のフリー走行は、東名阪自動車道の事故渋滞の影響でサーキット到着が遅れ、ほとんど撮影できませんでした。 定番の逆バンクから、今シーズン新規参戦を果たしたケイ・コッツォリーノ選手の一枚です。
画像
午後の予選はスプーンへと移動。2倍テレコンを脱着したり、NDフィルターを脱着したりしながら撮影していました。 昨年の王者であるロイック・デュバル選手は、DANDELION RACINGに移籍して2連覇を目指します! テレコンなしで撮影すると、ゴーヨンのシャープな描写を実感できますね。(^^)
画像
復活のイデオン・・・ではなく(笑)、J.P・デ・オリベイラ選手はいきなり予選2位の好位置につけました! ゼクさんやスターさんのような『超人』のように、光のあたる場所を強調した写真を撮ろうと思っていましたが、なかなか上手くいきませんね・・・。 SLIKYPIXをフル稼働させて、RAW現像にて雰囲気を出してみました。(^^;)
画像
本来は予選2位になるはずだった、『若大将』こと石浦宏明選手ですが、予選後のマシンがスキッドブロック最低厚み規定不適合のため失格となりタイムは抹消。 さらに決勝はピットスタートとなってしまいました・・・。 それでも、今シーズンの石浦選手は非常に好タイムを出しているため、FN初優勝も期待できますね!(^^)
画像
こちらは以前、パイロンさんがハイキーのお写真を撮影されていらっしゃった事をヒントに、私も狙ってみたものです。 しかしながら、2倍テレコン&SS1/8を使った事で微妙な結果になってしまった感がとっても強いです・・・。(泣) 2倍テレコンを使って、ビシッとした描写を得るには一体どうしたらいいのでしょう?悩みは果てしなく続く・・・。 次回はJSB1000&J-GP2の決勝をお届けしたいと思います♪(^^) 【撮影機材】 1枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II 2・3枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM 4枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF2×II
posted by 初期型ブラックランダー at 23:30Comment(12)

SUZUKA 2&4 RACE #1

鈴鹿サーキット恒例となった2輪と4輪の競演、SUZUKA 2&4 RACE。 今シーズンのSUZUKA 2&4 RACEは、『日本一速い男決定戦』の名にふさわしいアツいレースとなりました。 前日までの天候不順が嘘のように、2日間とてもいい天気に恵まれた事もあり、久しぶりのモータースポーツ観戦&撮影を楽しむ事ができました♪(^^) 現地でお世話になったゼクさん、スターさん、なんちゃってブルーズマンさん、xanagiさん、ysk524さん、SGT-40Dさん、今回も本当にありがとうございました!(^^) 土曜日にヘアピンでお会いした健さん、今回も手短なご挨拶だけで申し訳ありませんでした・・・。(^^;) 5月より新天地で再始動されるK先輩、土曜日限定でしたがありがとうございました!(^^) そして、本日ヘアピンで『(ゴーヨンの)フードがずれていますよ』と声をかけてくださった超人(と思われる)の御方、お気遣い感謝いたします!! ひとまず今回はJSB1000、J-GP2、フォーミュラ・ニッポンで優勝を飾った選手の皆様を紹介させて頂きます! ★JSB1000優勝 秋吉耕佑選手★
画像
★J-GP2優勝 小西良輝選手★
画像
★フォーミュラ・ニッポン優勝 小暮卓史選手★
画像
【撮影機材】 1枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF2×II 2・3枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II
posted by 初期型ブラックランダー at 22:37Comment(4)

鈴鹿サーキット 第22回 2010モータースポーツファン感謝デー #3

前回はレーシングカーの写真をたっぷりと掲載した記事だったにもかかわらず、すっかり話題は別の方向に行ってしまいました。 『序盤の数行だけでよかったんじゃないの?』という声も聞こえてきそうですが、そんな事はありません。(笑) という事で、早速前回の続きをお届けします。 ピットウォークを後にした私たちとゼクさん一家が向かったのは、普段は入る事のできないコントロールタワーの内部です。 普段は入れない場所に入る事ができるという事で、あちこち周囲を見回しながら『大人の社会見学』を楽しみました。(^^) まずはゼクさんもご自身のブログでレポートされている、管制室の様子です。
画像
この一室に鈴鹿サーキット各所に設置されたカメラからの映像を集約し、レースアクシデントに対する審議や対処を決めているのですね。 ちなみに、こちらのモニターは全てSONY製でした。(笑) 突然ですが、皆様は鈴鹿サーキットの各セクターがどこからどこまでなのかご存知でしょうか?私は全く知りませんでした。(^^;) そんな方もご安心ください!この写真を見れば、鈴鹿サーキットの各セクターの位置が一目瞭然でございます♪
画像
覚えておくと、ちょっとした事情通になれる…かもしれません。(笑) パソコンはlenovo製のものを使用しているみたいですね。机の上にある時計は非常に大きくてとても見やすいものでした。…思わず一台欲しくなってしまいました。(^^;)
画像
スチールラックに頑丈そうなケースに入れられて保管されている物体は、おそらくビデオテープの類だと思います。手前の白い物体は複合機でしょうか。
画像
そして、改修後の鈴鹿サーキットに足を運ばれた方が一度は気になった(と思われる)ピットビルの一番最終コーナー側の『かまぼこ』みたいな場所ですが…。 中身は次の写真のように、会議室となっていました!
画像
画像
この部屋ではどんな人物が椅子に座り、どんな話をしているのか…。想像するとなかなか面白いですね! 少し進むと、博物館などでよく目にする縮小模型(?)が展示されていました。 一年前にもレポートしたとおり、鈴鹿サーキットは改修を経て本当に近代的なサーキットにリニューアルされたと実感しています!
画像
ピットビルの見学も終わり昼食をとるべくレストランSUZUKA-ZEに向かう途中、伊藤真一選手がJSBで所属するKEIHIN Kohara R.T.のトラックを見かけました。 JSBラストシーズンとなる伊藤選手の活躍を期待する意味もこめて、パシャリ。
画像
その後はSUZUKA-ZEで昼食をとり、フォーミュラニッポンの走行を逆バンクで待っていました。 が、待てども待てどもマシンはやって来ず、マーシャルのアナウンスに耳を傾けながら雨が降る中をただひたすらに待つのみでした…。 ようやくやってきたFN09はわずか10周あまりの短い走行でしたが、新しいチームやドライバーも加わった事もあって今後の展開が楽しみな予感がしてきました!
画像
画像
4月に開催される鈴鹿2&4レースは、フォーミュラニッポンもロードレース(JSB1000)も両方楽しめるレースです! 普段は4輪(または2輪)しか観戦・撮影されない方も、これを機にもう片方のカテゴリーも観戦・撮影をしてみてはいかがでしょうか? 今回初めてサーキットに足を運び、初めてレーシングカーの走行シーンを観戦した彼女ですが、『今度は天気のいい時に見たいね』と言っていました。 『もう帰る!』と言われなかったのは不幸中の幸いでした。(^^;) 今週末のSUPER GT開幕戦は私一人で足を運ぶ予定ですが、おそらく4月の鈴鹿2&4レースには再び二人で鈴鹿に行く予定です。 次回は何とか晴れた状態で、モータースポーツを満喫できたら…と願うばかりでございます。(^^) 【撮影機材】 1~8枚目:EOS 5D+EF24-85mm F3.5-4.5 USM 9・10枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II

鈴鹿サーキット 第22回 2010モータースポーツファン感謝デー #1

本日(3/7)、鈴鹿サーキットで開催されたモータースポーツファン感謝デーに行って参りました。 当初の予定では3/6と3/7の両日にかけて足を運ぶ予定でしたが、3/6は体調不良などにより参加を見送りました…。 3/6に足を運ばれた皆様のブログの記事を拝見して、大所帯となった一団の中に私の名前がない現実を見ると、寂しさを隠せずにはいられませんでした…。(泣) 実は今回のファン感謝デー、写真撮影以外にちょっとした目的があったのでできるだけ軽装備(1D3+EF100-400mmとEF24-85mmくらい)にして行こうかとも考えましたが、 結局はゴーヨンを中心としたいつもながらの装備で臨む事になりました。(笑) いろいろとアップしたり記事にすべき事はありますが、雨などの影響で予想以上に疲れてしまったため、まずは写真のアップだけさせて頂きます。 現地でお会いしたゼクさんご一家、xanagiさん、masaさん、どうもありがとうございました!!(^^)
画像
画像
画像
【撮影機材】 1枚目:EOS 5D+EF24-85mm F3.5-4.5 USM 2・3枚目:EOS-1D MarkIII+EF500mm F4L IS USM+EF1.4×II

【One Day Special】フォーミュラ・ニッポン第5戦 最終回

7/18~7/20の3日間、会社の研修に参加していた影響で更新が滞ってしまいました。今週末はいよいよ鈴鹿8耐が開催されることもあり、早くアップしないとお蔵入りになってしまう…。という事で、まずはフォーミュラ・ニッポン第5戦の続きをアップする事にします。 F3の決勝とFポンのウォームアップ走行は、新設されたQ2エリアから撮影してみました。この場所は130Rからシケイン、最終コーナーにかけての攻防が一望できる事もあり、観戦も撮影も楽しむことができる場所だなぁと思いました。 Q2スタンド席からダンロップコーナーの立ち上がりとメインストレートを狙うと、こんな感じになります。
画像
画像
一方、ほぼ同じ場所からシケイン立ち上がりを狙うとこんな感じになります。
画像
Fポン決勝は逆バンクを中心にして撮影しました。が、今回は成功率が相当低く、アップできる写真はこれくらいしか残っていませんでした…。やっぱり2日間どっぷりと撮影したかったです。(泣)
画像
画像
最後は我らが『グリーン・ジャイアント』こと、大嶋選手です。
画像
画像
※上:SS1/40 下:SS1/500 来シーズンのFN09はこれ以上余計な電飾表示でデコレーションされることなく、フォーミュラカーが持つスタイリッシュかつ力強いスタイルで再び鈴鹿サーキットに登場してくれると期待したいですね。
posted by 初期型ブラックランダー at 23:30Comment(6)

【汎用筒型伸長兵器レポ?】フォーミュラ・ニッポン第5戦 その2

「時に、西暦2009年」 …と言っても腕から光線を放ったりする生命体が襲来してくるわけでもなく、それを迎え撃つ汎用人型決戦兵器の人造人間が出てくるわけでもありません。(^^;) 今回のフォーミュラ・ニッポン第5戦の撮影では、SGT-40Dさんのご好意により午前中のフリー走行時にEXTENDER EF1.4×IIをお借りして撮影することができました!SGT-40Dさん、どうもありがとうございました♪(^^) さてこのエクステンダー、キヤノンのHPでは『マスターレンズの描写性能を維持しつつ、焦点距離を1.4倍に伸ばす高性能エクステンダー。装着時の有効Fの低下は1絞り分で、大半のレンズでAF撮影が可能です。』と記載されていますが、じゃあ実際に私の40Dとゴーヨンに装着したらどうなるのか?実験も兼ねて試してみました。 まずは焦点距離の1.4倍増ですが、これはすぐに確認できました。撮影場所がヘアピンということもあって、40Dとゴーヨンではエクステンダーなしでも十分大きくマシンを撮影できますが、これにエクステンダーが加わるとさらにアップになります!AFは9点全点使用できるため、使い勝手もいいですね! ★#37 PETRONAS TEAM TOM'S 大嶋 和也選手★
画像
★#8 Team LeMans 石浦 宏明選手★
画像
参考までに、5月の第2戦でほぼ同じ場所からエクステンダーなしで撮影した写真はこんな感じです。 ★#37 PETRONAS TEAM TOM'S 大嶋 和也選手★
画像
その一方、焦点距離が伸びることによって被写体がファインダーからロストしやすくなり、シャッターを切れずにそのままお見送り~というケースも多かったです。また、フレーミングにも気を遣わないと単に『でっかく撮れちゃいましたぁ~♪』的な写真になってしまう点が難しいと実感しました。 ★松田選手がでっかく撮れちゃいましたぁ~♪★
画像
あと、AFが遅くなったり描写が甘くなるという点については、幸か不幸か今回の実験ではそれを体感できませんでした。これはいずれまた実際に現物を所有するようになってから、改めて検証してみたいと思います。 ★#36 PETRONAS TEAM TOM'S アンドレ・ロッテラー選手★
画像
※前日の夜、HDDに録画しておいた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を鑑賞していた影響で、こんなタイトルと前振りになってしまいました。(笑)
posted by 初期型ブラックランダー at 00:30Comment(16)

【One Day Special】フォーミュラ・ニッポン第5戦 その1

本日、鈴鹿サーキットで開催されたフォーミュラ・ニッポン第5戦決勝の観戦・撮影に行って参りました。 当初の予定では前日の予選も観戦する予定でしたが、個人的な都合がいろいろと重なりそれを一日で解消したかったため、予選日の観戦をキャンセルする事にしました…。 前回の第2戦はあいにくの雨となってしまいましたが、本日は今まで続いた梅雨空はいったいどこへ行ってしまったのか?と思わせるほど気温も高くいいお天気で、ようやく初めてドライコンディションで激走するFN09を見ることができました!(^^) 本選はこのところ絶好調のロイック・デュバル選手がレース中盤以降小暮選手のマシントラブルの影響でトップに立ち、終盤に息を吹き返した小暮選手の猛追を受けながらも首位の座を守り抜き、見事に優勝を決めました!これでついにポイントリーダーの座をブノワ・トレルイエ選手から奪取し、いよいよ次戦からは赤いオーバーテイクランプがデュバル選手のマシンに点灯します! 本日も現地でお世話になりましたゼクさん・なんちゃってブルーズマンさん・SGT-40Dさん、逆バンクへの移動中にお会いしたsky3400さん、そして日差しの強い中鈴鹿サーキットへ観戦・撮影に赴かれた皆様、本当にお疲れ様でした♪(^^) という事で、今回は第2戦同様に優勝を飾ったロイック・デュバル選手特集を再びお届けしたいと思います! それにしても、ドライコンディションのFN09はとても速くて、思うように撮影できませんでした。 この借りはまた来シーズンに返したいと思います!!
画像
画像
画像
そして、F1ましーんさんを筆頭に誰もが疑問に抱いている(と思われる)デュバル選手のウイニングランですが…。 なんとご他聞にもれず(?)、今回もやっちゃってくれましたよぉぉぉ~!! 私となんちゃってブルーズマンさんは第2戦の雪辱を晴らすべく、再び逆バンクにてデュバル選手のウイニングランを撮影しようと待ち構えていましたが、何と驚くなかれ!今回は全く手を上げてくれませんでした!!! ご一緒した方々の中で唯一、ゼクさんがもはやレア物の扱いに等しいデュバル選手のウイニングランの模様を激写されていましたので、どんな感じか興味のある方はゼクさんのブログにてご確認ください。(笑) ★本当はここで手を振ってくれる予定でした…★
画像
【撮影機材】 ※1・2枚目:EOS 40D+EF500mm F4L IS USM+EF1.4*II (エクステンダーはSGT-40Dさん所有のものをお借りしました。) ※3・4枚目:EOS 40D+EF500mm F4L IS USM
posted by 初期型ブラックランダー at 23:16Comment(14)

【最速進化論】フォーミュラ・ニッポン第3戦 自宅DE観戦記

すっかり更新が滞ってしまい、気がつけばすでに6月に突入してしまいました。 5/31にツインリンクもてぎで開催されたフォーミュラ・ニッポン第3戦の決勝、スカパー!では生中継ではなく22:00からの録画中継となりました。スカパー!やCATVでGAORAを契約されていらっしゃるモータースポーツファンの方は、前後にWTCCの生中継も放映されていた事もあり、テレビ観戦を存分に満喫されたかと思います。 そんな私は当日所用で外出しており、帰宅後入浴して落ち着いたところでグリッドに並び(テレビの前に移動)、シグナルがブラックアウト(中継スタート)!…したものの、わずか数周でリタイア(寝落ち)してしまいました。F1中継の時もそうですが、レース中継を見ていると不思議とよく眠れるような気がするのは私だけでしょうか?(^^;) それはさておき、改めて録画しておいた決勝の模様を昨日の夜じっくりと堪能しました。 ・ ・・ ・・・! ば、バトルがいっぱいだよ!オクレ兄さんっ!!(マ神が復活しました。) 詳細な展開や結果については、公式HPや皆様のブログ等で見ていただくとして…。 前戦の鈴鹿では残念ながらリタイアに終わってしまった『最速チャレンジャー』小暮選手が久しぶりの勝利を飾りました!(^^) そして、今回特に目立った点は何と言っても『怪物ルーキー』塚越選手の快走です!結果だけ見れば4位に終わったものの、レース終盤までラップリーダーに君臨していたルーキーの活躍に、私も思わずテレビに向かって「いけ~!~~~~!!!」と叫んでいました。(笑) 現地で観戦された方のレポートを拝見すると、レインコンディションの影響でラップタイムが伸びず、ずいぶん撮影の間隔が開いてしまったみたいですが、これがテレビ中継になると各所で繰り広げられた攻防を堪能する事ができ、テレビで見る分には前戦の鈴鹿よりも面白い展開だったと実感しました。 しかしながら今回も出走13台中、完走はわずか7台と非常に寂しい結果となってしまいました…。レースはとっても見ごたえのあるものだけに、どうしても出走台数の少なさが目立ってしまいますね。 現地で観戦・撮影を楽しまれた皆様、今回も雨のレースとなってしまいましたが大変お疲れ様でした♪(^^) ★『こぐれぐれ』 小暮卓史選手★
画像
★『レーサー進化論』 塚越広大選手★
画像
※写真は2枚とも、第2戦鈴鹿で撮影したものです。 余談ですが、『こぐれぐれ』は私が地元のK先輩との会話で小暮選手についての話題になった際にふと思いついて以来、ずっと使い続けているニックネーム(?)です。一方、『レーサー進化論』についてはGTガイドブックで土屋圭市さんが塚越選手の事を『ガラパゴス』と呼んでいた事にちなんで、『進化論』と銘打ってみました。 う~ん。どうやら私は『激走!GT』以上にネーミングセンスがないですねぇ…。(^^;)
posted by 初期型ブラックランダー at 22:12Comment(8)

フォーミュラ・ニッポン第2戦 雨中奮戦記 その3

今回はただでさえ引き出しが少ないのに、決勝では逆バンクから動こうとしなかった事が災いし、ボツショットに加えて似たような構図のオンパレードとなってしまいました…。正直、ネタ切れでございます。(^^;) ところで、予選日の撮影で私の40Dに一部トラブルが発生してしまいました。 午後の予選で撮影の合間に液晶画面で撮影結果を確認してみると、画面になにやらムラや縦筋が…。最初は前玉についた水滴の影響かと思いましたが、午前中のデータを見ても同じところにムラや縦筋が写りこんでいたので、もしかすると液晶画面の内部に雨が染み込んでしまったのかもしれません。 一時は修理に出さなければならないかも…と心配しましたが、幸いにも現在は目を凝らせばややうっすらと縦筋が見えるかな?といった程度になっており、メカニカルトラブルも発生していないため修理には出さずこのまま使用することにしました。 そんな事もあり、防塵・防滴機能を備えたEOS-1Dシリーズ導入への欲望が再燃しております。(笑) 今私が注目しているのは、現行モデルのMarkIIIではなく一世代前のMarkII Nの中古です。が、さすがにゴーヨンを購入して日も浅い事もあり、『ターゲット補足→即購入!』というわけには行きませんので、来るべき日に備えて40Dで修行を積みたいと思います。 以前MarkII(N)をお使いになっていらっしゃった方、もしくは現在もバリバリ現役でお使いの方、またはそれ以外のEOS-1Dシリーズをお使いの方、なんでも結構ですのでその魅力やインプレッション等をコメント欄に残して頂ければ幸いでございます。 ★グリーンジャイアント(仮) 大嶋和也選手★
画像
★逆襲のアイドル 平手晃平選手★
画像
★ICE vs TGV?★
画像
※ICEについてはこちらを、TGVについてはこちらをご参照下さい。 ★トリコロールサンダー ブノワ・トレルイエ選手★
画像
★ゲルマン特急 アンドレ・ロッテラー選手★
画像
この記事の作成中ちょうど『激走!GT』を視聴していた影響で、番組内で紹介されているニックネームをつけてみましたが、どうもあのニックネームは馴染めないですね~。私の場合『ゲルマン特急』と聞くと、どうしても『ユリオカ超特Q』の方が頭に浮かんでしまいます。(^^;) (※『ICE vs TGV』については、ゲルマン特急のかわりに私の独断と偏見でつけたものです。) ところで、大嶋選手は番組内で紹介がありませんでしたが、ニックネームは何とついているのでしょう?もしご存知の方は、これまたコメント欄にて教えて頂けるとありがたいです♪(^^)
posted by 初期型ブラックランダー at 20:58Comment(23)

フォーミュラ・ニッポン第2戦 雨中奮戦記 その2

2009年のフォーミュラ・ニッポン参戦ドライバーは総勢13名と、『日本一速い男決定戦』にしては少々寂しいといわざるを得ません…。マシンはFN09に変わり、ドライバーもSUPER GTでおなじみの方々ばかりですので、もっと盛り上がりが欲しいところですね。 さて、今回のテーマは【Senior Junior】という事で、最年長(といってもまだ33歳ですが…。)の立川選手と最年少(なんと20歳!!)ルーキーの国本選手の特集をお届けしたいと思います。 この第2戦、立川選手はリタイア、国本選手はまさかのガス欠(リザルト上は完走扱いの9位)に終わってしまいましたが、次戦以降のアツい走りに期待したいですね!(^^) という事で、まずは【Senior】の立川選手です♪ ★土曜日フリー走行 ヘアピン★
画像
★土曜日予選 スプーン★
画像
★日曜日フリー走行 シケイン立ち上がり★
画像
★決勝 逆バンク(その1)★
画像
★決勝 逆バンク(その2)★
画像
続いて、【Junior】の国本選手です! ★土曜日フリー走行 ヘアピン★
画像
★土曜日予選 スプーン★
画像
★日曜日フリー走行 シケイン立ち上がり★
画像
★決勝 逆バンク~ダンロップ★
画像
※以上、全てEOS 40D+EF500mm F4L IS USMで撮影 ところで、【Senior Junior】の元ネタですが、かつて放送していたあるテレビ番組の1コーナーにでていたキャラクターから引用させて頂きました。おそらく、国本選手と同年代の方は多分わからないか記憶に残っていないかもしれませんね。(ちなみに当時の私は高校3年生でした。) 番組自体は長く放送されていたので、ご存知の方も多くいらっしゃると思います。(ある時は海を泳いだり、またある時は社交ダンスを踊ったり、さらには『ポ○○』・『×ラ×』がこの番組から誕生しましたね~。) 私もあまり造詣は深くありませんが、『ホワイティ』が有名どころ(?)かもしれません。(^^;)
posted by 初期型ブラックランダー at 22:13Comment(16)

フォーミュラ・ニッポン第2戦 雨中奮戦記 その1

5月17日()、前日に引き続き鈴鹿サーキットにて開催された全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦の決勝レースを観戦・撮影して参りました。前日の予選と比較すると雨量は少なかったものの決勝スタート前に雨が降り始め、結局2日間とも雨のレースウィークとなりました。 本来でしたら帰宅後すぐに記事をアップしようと思っていましたが、予想以上に疲労が蓄積しており結局断念してしまいました…。PCにデータを取り込んでいる合間に入浴をしていたら何度も転寝をしてしまい、あやうく自分が水没してしまうところでした。(^^;) そんなわけで、今回はすでに皆様がアップされていますが私にしては珍しく(笑)、優勝したロイック・デュバル選手特集をお届けしたいと思います!
画像
画像
画像
ウイニングランは下の写真を使う予定でしたが、ピントがずれてしまい見事に失敗してしまいました…。それでも今回はボツショットが非常に多く、ネタの確保が厳しそうな事もありますので無謀にもアップします!(^^;) ご覧の際は雨対策で被せていたポリ袋がレンズ前面を覆ったため、ソフト効果になったと思って下さい。(笑)
画像
※以上4枚、EOS 40D+EF500mm F4L IS USMで撮影 ネタついでに、こんなのも撮ってみました。(^^)
画像
※EOS 5D+EF500mm F4L IS USM(ND4使用) ISO 50 SS1/10
posted by 初期型ブラックランダー at 22:35Comment(16)

『はじまりはいつも雨』 フォーミュラ・ニッポン第2戦 予選

本日、鈴鹿サーキットで開催されたフォーミュラ・ニッポン第2戦の予選の観戦・撮影に行って参りました。 ほぼ1年ぶりとなるフォーミュラ・ニッポンはあいにくの雨となってしまいましたが、初めて目の当たりにするFN09はアグレッシブなスタイルが印象的で、とってもカッコよかったです!(^^) 予選の内容ですが、SUPER GTでもおなじみの外国人ドライバーが上位3位を占有する結果となりました。日本人ドライバー最高位は平手晃平選手の4位。開幕戦の雪辱に燃える王者・松田選手はまさかのQ2ノックアウト!Q3進出は確実と思っていただけに、驚きの展開となりました。 それにしても、今日の雨はSUPER GT開幕戦決勝の時に降った雨よりも堪えました。人間(私)はカッパと長靴を着用していたおかげである程度雨を防いだものの、カメラの機材はビニール袋で覆っていたにもかかわらず激しい雨風の影響でかなり濡れてしまいました。幸い故障などは発生していませんが、果たして明日の決勝はどうなるのか気になるところです…。 本日も現地でお世話になりましたゼクさん・なんちゃってブルーズマンさん・S-GT40Dさん、今回念願叶って初めてお会いする事ができましたsky3400さん、謎の凄腕モータースポーツフォトグラファー(?)Fポンましーんさん、そして悪天候の中鈴鹿サーキットへ観戦・撮影に赴かれた皆様、本当にお疲れ様でした!明日の決勝も引き続き雨の予報ですので、風邪など引かないように十分気をつけながら思う存分楽しみましょう♪(^^) という事で、予選トップ3の写真を少しだけアップしておきます。撮影は全てEOS 40D+EF500mm F4L IS USMの組み合わせで行い、DPPで現像後チビすな!!で縮小してアップロードしています。 ★ポールポジション ブノワ・トレルイエ選手★
画像
画像
★予選2番手 アンドレ・ロッテラー選手★
画像
画像
★予選3番手 ロイック・デュバル選手★
画像
画像
・ ・・ ・・・。ん? 「『Fポンましーん』って、一体誰やねん?」ですか。 あまり詳細を申し上げる事はできませんが、漫画『キン肉マン』に登場する超人に例えると、さしずめラーメンマンモンゴルマンのような関係とだけ申し上げておきます。(元ネタがわからない方、すみません。)(^^;) 気になる方は、ぜひ現地で探索してみて下さい!!(笑)
posted by 初期型ブラックランダー at 21:44Comment(8)

フォーミュラ・ニッポン2008シーズン、幕を閉じる

月日が経つのは早いもので、フォーミュラ・ニッポン(以下FNと略)の2008シーズンも最終戦となりました。 今回もe2byスカパー!の恩恵により、J SPORTS 1で自宅観戦をしていました。世の中、とっても便利になったものですね。(^^) レースは予選のポールこそ逃したものの、『王者』松田次生選手が優勝を決め、自身のドライバータイトルに加えてチームタイトルも獲得し、名実共に『有終の美』を飾る結果となりました。 さて、私は今シーズンの第2戦・鈴鹿ラウンドがFN初観戦となりましたが、SUPER GTとはまた違ったレースの面白さが印象に残りました。 FNはエンジンサプライヤーの違いこそあれ、シャシー・タイヤ&ホイール等はワンメイクで全車共通ですから、ドライバーの技量が如実に表れる点が魅力ではないかと思います。そのドライバーもベテランから若手までGTでおなじみの方々が多く、FN初観戦の私にもわかりやすいラインナップ(?)な事もGTファンから見ても嬉しい点ですね。 そんなFNですが、残念ながら人気度で言えば圧倒的にGTに差をつけられてしまっています。実際にサーキットに足を運ばれた方はご存知かと思いますが、とにかく観客動員数が違いすぎます!GTはどこへ行っても人・人・人で、ピットウォークに行こうものなら気合を入れていかないと、手も足も出せず終~了~。となってしまいます。まさに、『戦場』と言っても過言ではありません。 一方、FNはどうか?こちらは以前ブログでもお伝えしたとおり、観客が少ない事が幸いして撮影ポジションも比較的自由度がありますし、ピットウォークもGTのような『戦場』感はほとんどなく、普通に楽しむ事ができます。 GTとFN、どっちが面白い?と聞かれたら、私は『両方とも面白い!!』と答えると思います。個人的な好みもありますし、実際にサーキットに足を運んで頂ければおのずと回答は出るかと思いますのでこれ以上は言及しませんが…。 ところで、今回e2byスカパー!(J SPORTS 1)による自宅観戦をしている際に気になった事があります。 GTはハイビジョンによるライブ観戦ができるようになりましたが、FNはまだ従来画質による放送に留まっています。 FNは『日本一速い男決定戦』と銘打っている国内最高峰のレースですから、ぜひともGTと同様にハイビジョンによるライブ中継をして欲しいところです。J SPORTSの方々、来年のFNではぜひよろしくお願いします!! FN関連の番組では、BSフジで『Fナビ!』という番組が放送されています。この番組ではデジタル画質によるFNを楽しむ事ができますが、残念ながら生中継ではなく録画放送である点が惜しいところです。番組自体はGT関連の番組で実績のある高橋二朗氏が解説を務めており、準レギュラーとして飯田章氏などのドライバーを迎えるなど、なかなかしっかり作られた面白い番組だと思います。 それに対して、J SPORTSのFNの実況担当をチェンジして欲しいと思ったのは私だけでしょうか?テロップを見るとフジテレビのアナウンサーとの事ですが、ドライバー名を間違えるなどケアレスミスが多すぎです!(レース中、見事にトレルイエ選手とデュバル選手を間違えていらっしゃいました…。) せっかく『Fナビ!』を放送している放送局だけに、フジテレビにはもう少し頑張ってほしいものです。 来シーズンからはいよいよニューマシン、FN09が登場します。デザインも大幅に変わり、オーバーテイクボタンが導入されるなど新たな一歩を踏み出そうとしている2009シーズンのFNが、今からとっても楽しみでございます♪(^^) ★祝 ドライバー&チームタイトル獲得!松田次生選手★
画像
※写真は第5戦 鈴鹿ラウンドで撮影したものです。 ★祝 ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得!平手晃平選手★
画像
※写真は第5戦 鈴鹿ラウンドで撮影したものです。 ところで、ワタクシ只今『これ』が非常に気になっています。 …う~ん。買っちゃおうかな?
posted by 初期型ブラックランダー at 00:22Comment(4)

『脱・庭』宣言!そして…

今回は、間近に迫ったPokka1000kmから離れた記事を書いてみます。 タイトルの『脱・庭』ですが、自分の家の庭から出るという意味ではございません。(^^;) この度、携帯電話のキャリアを長年使用していたauから、NTTドコモに移籍しました。 (auのCMで『auの庭』という表現をしている事から、auから他キャリアへ移る事を『脱・庭』と言うそうです。) 私が初めて携帯電話を持ったのは今から11年前、大学1年の時でした。その頃はまだauではなくIDOでしたが、それ以来機種変更を繰り返しながら、ずっとauを使い続けてきました。 しかしながら、今まで使用していたW51CA(カシオ製)の液晶パネルのカバー部分が剥がれてきた為機種変更を考えていたところ、現在のauのラインナップに自分の欲しいと思うような機種が1つもなく、フルサポートプラン導入で以前ほど端末の割安感を感じなくなった事や従来のauのウリであった端末のデザインのよさに疑問符がつくようになった事から、キャリアの乗り換えを検討していました。 そしてこの度、MNP(番号ポータビリティー)を利用してauからドコモに移籍しました。なお、もう1つのキャリアであるソフトバンクは、自宅における電波状況が非常に悪いため却下。『お父さん』のCMはとても好きですが、いかんせん肝心の電波状況が悪くては元も子もありません…。 ドコモへの移籍にあたり、私が選択した端末は『P905i』(通称、ビエラケータイ)です。ストラップは以前から使用している、ニスモ製Zのドアノブ型ストラップを装着しました。 ★P905iとストラップ★
画像
画像
…そうです。先日購入したテレビ(VIERA)・DVDレコーダー(DIGA)に続き、携帯電話もパナソニックで統一する事になりました。(笑) 905iシリーズはすでに型落ちの機種ですが、906iシリーズと比べても機能的に遜色ない上にMNPを対象とした割安価格で購入できる事から、IDO・au時代にも使用していたパナソニックの携帯を選択しました。 キャリア・メーカーとも一気に変更となったため、現在試行錯誤しながら使い方を覚えている最中でございます。 ただ、ドコモの絵文字はauに比べていまいちパッとしませんね~。この点はドコモにも見習って欲しいものです。 そういえば、ドコモのマークが『DoCoMo』から『docomo』に変わってますね。私は個人的に新しいマークの方が丸っこくて気に入っていますが、皆様はいかがでしょうか? ★旧ドコモのマーク(FN Rd.2鈴鹿ラウンド)★
画像
★新ドコモのマーク(FN Rd.5鈴鹿ラウンド)★
画像
どうでもいい話ですが、フォーミュラ・ニッポンのピットウォークで一躍有名になった(?)赤瀬さんがドコモショップの店員さんだったらと考えると…。お店の売上が通常の3倍になりそうな予感がします。(^^;) ドコモショップにお勤めの皆様、ぜひ一度ご検討下さい!!(笑) ★こちらが赤瀬さんです♪★
画像
画像
…使い回しでスミマセン。(^^;)
posted by 初期型ブラックランダー at 00:19Comment(8)

フォーミュラ・ニッポン第5戦総括(後編というかオマケ)

マシンの写真は先の前編・中編でほとんど出し尽くした感があり、つくづく私の『ブンブン丸』振りが如実に現れた結果を思い知らされる事となりました。(^^;) じゃあ、ネタ切れで『ごめんなさい』するか…?セイセイセイ。 『まだだ!まだ終わらんよッ!!』 私には『アレ』が残っていました。そうです。ピットウォークで撮影した写真がちょっとだけありました。 正直なところ、私はお姉さん撮影のノウハウなんぞ全く持っていません。強いて言えば、露出補正をプラス方向に振る事くらいでしょうか。ストロボの使い方も掲示板で頂いた知識の受け売り程度で、毎回ぶっつけ本番で黒山の集りに揉まれながら撮影してきました。 今回アップした写真は全て、 EOS40D+EF70-200mm F4L IS USM+スピードライト430EX の組み合わせで撮影しております。 前述のストロボの使い方については、以前某掲示板にて私のブログに足を運んで下さる常連さんの なんちゃってブルーズマンさんより、「ハイスピードシンクロを使ってみるといいですよ」というアドバイスを頂いたこともあり、今回は全てそのハイスピードシンクロを使って撮影しました。 なんちゃってブルーズマンさん、貴重な情報ありがとうございました♪(^^) ちなみに、ディフューザーの類は何も持っていないため使用していません。 ★真夏の暑さに一抹の清涼剤をどうぞ♪ ★笑顔が似合うお姉さんはイイっ!!
画像
★浴衣は日本人のココロです♪
画像
★たまにはこんな表情も…
画像
★ちょっとした記念撮影?
画像
・ ・・ ・・・! そしてここからは…。 男子諸君!おまちかねのドコモ&ドコモダケ特集っ!! ★男子諸君!その姿に刮目せよ!!★
画像
★最高のコラボレーション!?★
画像
★主役はやっぱりドコモダケっ!!★
画像
皆様のお気に入りは、どちらの方(茸)でしょうか? ん?私のお気に入りですか?そりゃあもちろん『茸』でしょう!!(笑) 「あんな素敵なお姉さんの手の内で弄ばれてみたいと思うのはなぜだっ!!」 「…坊やだからさ。」 お後がよろしいようで…。(^^;)
posted by 初期型ブラックランダー at 00:18Comment(10)

フォーミュラ・ニッポン第5戦総括(中編)

ネタが枯渇しているにもかかわらず、3部作を望まれる声が多かったので急遽路線変更してみます。(笑) 今回は、ピクチャースタイル『エメラルド』を使ったRAW現像に挑戦してみました。 以前、モータースポーツの写真にピクチャースタイル『クリア』がうまくマッチングする事が判明したわけですが、私のブログでも紹介した『エメラルド』をモータースポーツの写真で使うと果たしてどうなるのか? という事で、早速試してみました。…予想通り、『エメラルド』を使うとかなり派手になりますね~。まあ、これはこれでありと言う事にしておきましょう。(^^;) ★石浦 宏明選手 Team LeMans
画像
★平手 晃平選手 TP Checker IMPUL
画像
★立川 祐路選手 CERUMO/INGING
画像
★アンドレ・ロッテラー選手 PETRONAS TEAM TOM'S
画像
縦位置撮影2連発!! ★本山 哲選手 Team LeMans
画像
★金石 年弘選手 SG team 5ZIGEN
画像
こんな楽しみ方も、デジタルならではですね♪(^^) 最終章『後編』は、枚数は少ないですが皆様お楽しみの『アレ』をピックアップしたいと思います! という事で、後編につづく…。
posted by 初期型ブラックランダー at 23:27Comment(6)

フォーミュラ・ニッポン第5戦総括(前編)

この数日間、ちょっとバタバタしていたため更新が止まってしまいました。 そろそろフォーミュラ・ニッポンネタもまとめないと次に進めないため、撮影した写真をざっと並べてみる事にします。 とはいえ、ただ写真を並べるのも面白みに欠ける…。という事で、私のブログにリンクを貼らせて頂いている方々にちなんだ内容を元に、写真を掲載してみたいと思います。 なお、以下の『ちなんだ内容』はあくまでも私の勝手な判断によるものですので、あまり厳しいツッコミは勘弁して下さい…。(^^;) ゼクさんにちなんで…。KONDO RACING2台! ★横溝 直輝選手
画像
★ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手
画像
F1ましーんさんにちなんで…。小暮 卓史選手! ★『接近戦!』
画像
★縦位置撮影にも挑戦してみました。
画像
なんちゃってブルーズマンさん&canon2006さんにちなんで…。IMPUL2台! ★松田 次生選手
画像
★ブノワ・トレルイエ選手
画像
紅のぷたさんにちなんで…。ヘアピンにてEF70-200mm F4L IS USMを使って撮影! ★ロイック・デュバル選手(40D)
画像
★荒 聖治選手(Kiss DX)
画像
ARTAさんにちなんで…。ARTA2台! ★井出 有治選手
画像
★伊沢 拓也選手
画像
xanagi23さんにちなんで…。本山 哲選手! ★40D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
画像
★Kiss DX+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
画像
中編に続く…。
posted by 初期型ブラックランダー at 00:11Comment(14)

EOS Kiss Digital Xでフォーミュラ・ニッポンを楽しむ

前回のフォーミュラ・ニッポン第2戦 鈴鹿ラウンドでできなかった事があります。それは、私が持っているもう一台のカメラ『EOS Kiss Digital X』(以下、Kiss DXと略)でサーキットを激走するフォーミュラカーを撮影する事です。(ピットウォークはKiss DXで撮影しましたが…。) 今回は予選・決勝の2日間とも観戦する事ができ、Kiss DXも存分に使って撮影を行ってきました。 流石にメインボディの40Dと比較すると、Kiss DXはファインダーの見易さやレスポンス等性能的にやや見劣りする点が多いのも事実です。しかしながら、2台体制を構築する事で撮影の幅が広がる点もまた事実だと思います。また、万が一どちらかのボディにトラブルが発生しても、残りの1台を使って撮影が続行できるメリットもあります。 現在KissシリーズはEOS Kiss X2・EOS Kiss Fが発売されており、私の所有するKiss DXは型落ちモデルとなってしまいました。型落ちになったとはいえ、私の『セカンドカメラ』として今後も引き続き活躍してくれると願っています! という事で、Kiss DXで撮影した写真を数点紹介させて頂きます。使用したレンズも合わせて記載しておきます。 激走! フォーミュラーカー撮影編 ★Kiss DX+EF70-200mm F4L IS USM★
画像
画像
この組み合わせは機材の軽量さのおかげもあり、とても使い勝手に優れた名コンビだと思います! よく効くISとシャープで色乗りのいい描写で、焦点距離の短さを除けばモータースポーツ撮影にも適したレンズだと実感しています。鈴鹿サーキットでは、S字・逆バンク~ダンロップ・ヘアピンあたりがこのレンズでも十分撮影できるポイントになりそうですね。 ★Kiss DX+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM★
画像
お楽しみ♪ ピットウォーク撮影編 ★Kiss DX+EF70-200mm F4L IS USM★ ・PIAA NAKAJIMAのピットにて
画像
※DPPでピクチャースタイル『クリア』に変更 NAKAJIMA RACINGのボディカラーが黒/白のツートンカラーという事もあり、『クリア』のピクチャースタイルを適用するとコントラストが強調されて、いい感じに仕上がるなぁと思います♪(^^) ・マクドナルド×ARTA(?)
画像
今回のピットウォークは『マクドナルド』が冠スポンサー(?)という事もあり、お馴染みドナルドも各所で愛嬌を振りまいていました。こちらの写真ではありませんが、私も思わず『ドナルドぉ~!!』と叫んで一枚撮影させて頂きました。(笑) ★Kiss DX+EF85mm F1.8 USM★ ・CERUMO/INGINGのお姉さん♪
画像
・速度超過は反則ですよ!(ピットレーン速度判定機?)
画像
前回のピットウォークでは、このレンズを持参しながらも結局一度も使わないまま終了してしまいました。 そのため、『今回は絶対にこのレンズを使うぞ!!』と心に決めてピットウォークに挑みました。 相変わらずピントがずれているのは、人混みの影響と私の腕がへっぽこな事が理由でございます。(^^;) それを差し引いても、やっぱりこのレンズは使って楽しい一本ですね!久しぶりにこのレンズを使って撮影を楽しむ事ができました♪(^^) こうして単焦点を楽しむ事ができるのも、冒頭に述べた2台体制のおかげかな?と思っています。
posted by 初期型ブラックランダー at 22:21Comment(12)

ピクチャースタイル『クリア』を試す。  【フォーミュラ・ニッポン第5戦 決勝】

現在、フォーミュラ・ニッポン第5戦 鈴鹿ラウンドにて撮影した写真の整理で、なかなか手間取っております。 私はRAWで撮影後、現像ソフトを使用して仕上げるスタイルをとっています。JPEGの方が撮影枚数も多くなり、モータースポーツ撮影には適しているかもしれませんが、RAWで後からパラメーターを調整するほうが何かと都合がよさそうだという理由で、現在はRAWのみで撮影しています。 先に述べたとおり、RAWで撮影した画像ファイルは何らかの現像ソフトを使用してJPEG等のファイルに変換する必要があります。これが一般に『RAW現像』と呼ばれる工程になります。 私はキヤノンユーザーという事もあり、RAW現像にはキヤノンのデジ一に付属している『Digital Photo Professional』(以降DPPと略。)というソフトを使っています。 このDPPを使うメリットとして、『ピクチャースタイル』を変更できる点があります。ピクチャースタイルを変更する事で、同じ写真でも印象の異なる味付けにする事ができます。私のブログでは、以前『桜にエメラルド』を適用した写真を掲載しました。この『エメラルド』というのがピクチャースタイルになります。 さて、前置きが非常に長くなりましたがこのピクチャースタイルの中には、通常(私見では)非常に使いづらい『クリア』というものがあります。その『クリア』をフリー走行の大半を寝過ごしてしまい、やっつけでカシオトライアングルにて撮影した写真に使ってみると、これがなかなかいい味を出してくれました! 私のブログに遊びに来てくださる常連さんで、名うてのモータースポーツフォトグラファーでもある、『F1ましーん』さんがご自身のブログで書かれた記事と写真を拝見した事も、今回の『クリア』を試す事につながりました。 という事で、やっつけ写真にピクチャースタイル『クリア』を適用するとどうなるのでしょうか?実験結果はこんな感じになりました。
画像
画像
画像
3枚ともピントが外れていますが、楽しみ方の1つとしてはありかもしれませんね。(^^) それにしても、カシオトライアングルは40D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMのテレ端400mm(35mm換算640mm)を持ってしても、全く焦点距離が足りませんね。やはりここはゴーヨン・ロクヨンがふさわしい場所なんだなぁと、つくづく実感しました。 では次に、決勝本戦でヘアピンにて撮影した小暮選手の写真に、『クリア』を使用するとどうなるのでしょうか? 『スタンダード』で現像した同じ写真と比較して、ご覧下さい。 ★スタンダードに小暮選手★
画像
★クリアに小暮選手★
画像
いかがでしょうか?私が現像中に感じた事は、マシンやタイヤなど黒い部分が強調されて、『スタンダード』より締まって見える印象を受けた事でした。撮影する楽しさはもちろんですが、RAW撮影ではピクチャースタイルを変更したりパラメーターを調整したりする現像の楽しさも味わう事ができます。JPEG撮影主体の方も、一度RAWでモータースポーツ撮影を行ってみてはいかがでしょうか? という事で、続きはまた次回に…。
posted by 初期型ブラックランダー at 00:44Comment(14)