アクセスカウンタ

Shift_My Haphazard Life

プロフィール

ブログ名
Shift_My Haphazard Life
ブログ紹介
モータースポーツを中心に、デジカメ(主に一眼レフ)で写真を撮っています。
基本的には写真ブログですが、雑多諸々取り扱っております。
※写真をクリックして頂くと、大きなサイズでご覧になれます。

★本ブログ内における画像・記事の無断転用を禁じます★
zoom RSS

デスクトップPCを5台(代)目にした話 その1

2018/12/09 00:47
きっかけは、なんとなく。(笑)

2013年12月に初のフル自作で組み上げたデスクトップPC。特に深刻なトラブルもなく、パーツ交換・増設等を行いながら運用してきました。
4台目のデスクトップPC、最終的な構成はこのようになりました。
◆CPU:Intel Core i7 4770
◆CPUクーラー:ENREMAX ETS-T40-TB
◆マザーボード:ASUS Z87-PRO(V EDITION)
◆メモリ:CFD ELIXIR W3U1600HQ-8G(8GB2枚組)
◆メモリ:Crucial W3U1600CM-8G(8GB2枚組)
◆電源:ENERMAX ERV550AWT-G REVOLUTION87+ 550W
◇SSD:SanDisk ExtremePro 240GB(OS・アプリ用)
◇HDD:WESTERN DIGITAL WD30EZRZ-RT(3TB) 他数台
◇光学ドライブ:Pioneer BDR-209BK/WS
◇グラフィックボード:MSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G(玄人志向 Radeon RH7750-E1GHD/D3から買い替え)
◇ケース:Fractal Design Define R4
◇OS:Microsoft Windows10 Home 64bit(Windows 7からの無償アップデート)
※上記パーツのうち◇は次のマシンに流用可能なもの、◆は規格変更のため流用不可なものとなります。

あれから4年10ヶ月あまりの月日が流れ、CPUはインテル第4世代から第9世代になり(パーツ購入時はちょうど第9世代Coffee Lake-Refresh発売のアナウンスがあったばかりでした。)、ソケットの規格は第4世代のLGA1150からLGA1151に変更、さらにマザーボードのチップセットや対応メモリの規格も変更となりました。
そのため、前述した流用不可のパーツは必然的にまとめて入れ替えをしなければなりません。
一方、AMDからはコストパフォーマンスに優れたマルチコアCPU・Ryzenシリーズの発売があり、CPUに大きな動きがありました。
確かにRyzenのコストパフォーマンスは気になりましたが、今回のコンセプトは『鉄板構成』。
ということで、CPUはインテルから選ぶことにしました。
大方の構成をあちこちのウェブサイトを見ながら考えて、いざパーツ調達のため毎度おなじみのツクモ名古屋1号店へ!…と、ここまではよかったのですが、なんとちょうど私が訪れた時にはなぜかZ370系のマザーボードがことごとく品切れ状態。
そこで、iPhoneで調べてみると近日中(ツクモに行った日の週末)に各社からZ390系のマザーボードがリリースとなる事がわかりました。まさにインテルCPU系マザーボードの新台(?)入替時期とバッティングしてしまったことになります。
Z390とZ370のマザーボード、同クラスであれば価格差はほとんどないと予想してこの日は価格と現物調査に留めて帰宅、週末再びツクモに向かいました。
そして、親切な店員さんと相談と商談を重ねて購入したパーツはこちらです!

☆CPU:Intel Core i7 8700K
☆CPUクーラー:CRYORIG H5 UNIVERSAL
☆マザーボード:ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
☆メモリ:CFD Ballistix W4U2666BMS-8G(8GB2枚組)
☆電源:Seasonic FOCUS Plus 650 Gold SSR-650FX(650W)
☆M.2 SSD:Samsung 960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT 250GB

画像


まずはCPU。限定版のCore i7 8086Kはお高いので必然的に8700Kとなりました。
基本的にオーバークロックはしませんが、以前の4770と4770Kと違い、KありとKなしではHaswellの頃よりもCPUの性能差が大きくなっている事を店員さんから聞き、価格差もさほどなかったため今回は8700Kを選択しました。
画像


CPUクーラーは大定番の虎徹 MarkUを考えていましたが、店員さんのおすすめもありCRYORIG H7をチョイス。
…したかったのですが、まさに店員さんとお話ししている最中に目の前でH7が売れてしまい、在庫がなくなってしまいました。
で、今回は在庫のあったH5 UNIVERSALを購入する事にしました。
私の使用目的と頻度では水冷クーラーを導入するメリットがないので、今回も空冷でいきます。
画像


マザーボードは個人的な好みもありASUS一択!(GIGABITEやASRock、MSIの製品が悪いわけではありません。)
当初購入を目論んでいたのはROG STRIX Z370-F GAMINGですが、前述の通り完売になったので発売直後のZ390を購入しました。
価格差は…ほとんどなかったような気がします。
画像


メモリはマイクロンのチップセットを使用したもので、ヒートシンク付のスタンダードなものから選択しました。
最近のメモリはヒートシンクが光って煌びやかなものが多くなっていますね。ちなみにこのメモリは光りません。(^^;)
画像


電源は選択肢も多くて悩みましたが、日本製コンデンサ使用かつ80 PLUSゴールド認証以上の製品を候補にした結果、今回はSeasonic(通称:紫蘇)電源をチョイス。ちょうどFOCUS Plusが特価品となっていたためこちらを購入しました。必要に応じてコードを接続できるフルプラグイン仕様なので、電源周りの配線もスッキリできます。
画像

余談ですが、Seasonic代理店のオウルテックはSUPER GTやスーパーフォーミュラでおなじみ、チームルマンのスポンサーでもあります。
という事でこの2台。ちゃんと"Owltech"のスポンサーロゴが入ってますね。(笑)
画像

画像


そして今回、新規導入となったのがM.2 SSDです。
このM.2 SSD、乱暴に言ってしまえばSATA接続よりもさらに速い、マザーボードに直接接続するSSDでございます。
SATA接続のSSDの速度には十分満足できていますが、せっかく新しい環境に一新するならアクセントがほしいな〜という思惑から、導入を決めました。
画像

あ、そういえばツクモお馴染みの特典・つくもたんクリアファイルも頂いてきました。せっかくなので掲載しましょう。(笑)
画像

ということで、新規購入したPCパーツの紹介でした。
次回は久しぶりにケースを開き、パーツをとっかえひっかえしつつ構成を変えていく様子をアップします!
記事へトラックバック 0 / コメント 2


GIFU AIR FESTIVAL 2018 Part4

2018/12/01 23:12
とうとう私の『サイツヨ』パワーが切れたようで、午後の飛行展示は曇天となってしまいました…。
ですが、昨年の雨に比べたら全然マシです!『異機種大変態編隊』も2パターン、しっかりと見ることができました。
そんなわけで今回ヨンニッパIS2型で初の航空祭撮影となりましたが、さすがにIS1型に比べたら手持ち撮影は楽になりました。
ただ、ヨンニッパはIS2型になっても重いわけでして、やっぱり航空祭では軽くて描写もカリッとしているゴーヨンIS2型が最適解なのかもしれませんね。
あとは2倍テレコンを使った際のAF速度の低下と描写の劣化が気になるところでありました。
来年はテレコンの使用を1.4倍に留め、トリミングで対応する方法も試してみたいですね。

岐阜基地航空祭、マタライネ〜ン!
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF24-70mm F4L IS USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EXT EF2×III
記事へトラックバック / コメント


GIFU AIR FESTIVAL 2018 Part3

2018/11/28 20:31
ブルーインパルスが一年振りに岐阜の空を舞う!
前年は天候不良の影響でプログラムが大幅に縮小してしまいましたが、今年はしっかりと華麗なアクロバット飛行を見せてくれました♪(^^)
私のポジションからはほぼ逆光となってしまいましたが、普段のモータースポーツ撮影経験を活かしつつ現像して仕上げてみました。
画像

画像

画像

画像

バーティカルキューピッドは、ちょうど太陽が心臓(ハート)を貫くような感じになってくれました。まさにハートを『狙い撃ちっ!』(笑)
画像

画像

お気に入りの1ショット。まるで映画のワンシーンのような軌跡と太陽の位置がたまらんです!(^^)
画像

いつもならフルサイズの16mmで収まるスタークロスですが、今回はご覧の通り。
立ち位置の悪さも加わって、電線まで映り込んでしまいました…。(泣)
画像

画像

ブルーインパルスの飛行展示が終了すると、周りの方々は徐々に撤収し始めました。
さらに雲が青空を覆い始め、すっかりどんよりした天気になってしまいました…。
が、岐阜基地航空祭はまだ終わらんよ!
そうです。午後は岐阜基地航空祭名物、『異機種大変態編隊』の飛行展示があるのです!
という事で、次回に続く。

【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF16-35mm F4L IS USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
記事へトラックバック / コメント


GIFU AIR FESTIVAL 2018 Part2

2018/11/26 22:52
時刻はヒトマルマルマル(10:00)。
快晴の空の下でF-2、F-4、F-15による機動飛行がスタート!
今年のF-15は岐阜基地を題材にしたテレビアニメ、『ひそねとまそたん』に登場する『まそたん』というドラゴンが
偽装したF-15Jを表現したとの事です。
…岐阜県民のこのワタシですが、『ひそねとまそたん』の事は全く知りませんでした。
調べてみると、あのぎふチャンですら45分遅れとはいえ当日オンエアしていたアニメという事を知り、正直驚きました。(^^;)
さらに、まそたんについては「なんで目っぽいのはあるのに口はないんだ?」とか、「ありゃあ無限のパチモンか?」と思ってしまう始末。
いやぁ〜、世界って本当に広いもんですねぇ〜。(笑)
F-15だけでなく、颯爽と岐阜の青空を舞うF-2、F-4の姿を存分に堪能できたひと時でありました♪(^^)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

機動飛行の後は、おなじみのKC高峰 ストーナー-767による航過飛行を満喫。
ベースモデルの旅客機、ボーイング767でこんな航過飛行をされたら…機内は大パニック間違いなしですね。(^^;)
画像

画像

画像

この後は、いよいよ航空祭の花形・ブルーインパルスによる『SHOWTIME』です!!
次回に続く。

【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EXT EF2×III
記事へトラックバック / コメント


GIFU AIR FESTIVAL 2018 Part1

2018/11/25 12:40
前日の"SUZUKA Sound of Engine 2018"に引き続き、朝から好天に恵まれた2018年の岐阜基地航空祭。
午後から雲が広がる天気となりましたが、昨年の雨に比べたら雲泥の差であります。(笑)
今年は久しぶりに下界(?)からの撮影に挑戦!相変わらずの航空ファンと長玉の多さに驚きを感じつつ、その中に身を投じて撮影を楽しみました。

2017年はT-7のみだったオープニングフライトは、T-4・T-7・F-2・F-4・F-15が朝一から岐阜の大空を舞う素晴らしい展開となりました!
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

のっけからこれだけの飛行展示を見せてくれた岐阜基地航空祭、10時からの起動飛行ではどんな機動を見せてくれるのでしょうかっ!?
次回に続く。

【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF16-35mm F4L IS USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EXT EF2×III
記事へトラックバック / コメント


SUZUKA Sound of ENGINE 2018

2018/11/23 18:31
2年振りに訪れた、SUZUKA Sound of ENGINE。
今回は土曜日のみでしたが、ヒストリックレーシングカーの姿とサウンドを存分に堪能する事ができました。
前回と同じく、私の主たる目的はフェラーリF1(F2005)のV10サウンドとマツダ・787B(JSPC)の4ローターサウンド!
昨今のレーシングカーでは奏でることのできない"Sound of ENGINE"はもう最高でした!(^^)
グループCカーではプジョー905を初めて見ることができました。カッコよかったですね〜♪
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Masters Historic Formula1では、往年のF1マシンがデモランではなく1レースとしてコスワースDFVの野太いV8サウンドを響かせながら
目の前をフルスロットルで駆け抜けていく迫力満点のイベントとなりました。
参戦マシンのほとんどが私の生まれる前に活躍したモデルとなりますが、40年以上経過したF1マシンによるレースシーンを見ることができるのは
とても貴重なイベントではないかと思います。
願わくは、今後も続いてほしいイベントだと改めて実感しました。
画像

画像

画像

そして、私が現役時代に好きだったF1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンさんのお姿もトークショーで拝見できました!
初めてお姿を拝見した感想は…。『ハッキネン、トシトッテモヤッパカッコエエネン!』(笑)
画像

画像

という事で、今年のサーキット行脚はこれにて閉店ガラガラ〜となります。
それでは恒例の…。
『マタライネンっ!!』

【撮影機材】
※EOS 5D Mark IV
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EXT EF2×III
記事へトラックバック / コメント


2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦&WTCR Race of JAPAN

2018/11/11 21:59
当初はMotoGP日本グランプリの疲れ休みにしようと思っていました。
…が、前日に次期スーパーフォーミュラマシンとなるSF19にHALOが設置されることが決まったことで方針転換。
SF14のオープンフォルムを撮れる機会は最後になるため、急遽チケットを購入して行ってきました。

WTCRは市街地などの狭いレースでぐっちゃぐちゃになる展開をテレビで見てきたため、鈴鹿サーキットでは
比較的落ち着いたレース展開になっていました。(Race3のシケインではかなりやり合っていたみたいですが。)
個人的にはWTCC時代に現地観戦した経験のある、岡山国際サーキットで開催した方が面白そうかなと思いました。

スーパーフォーミュラは予選で圧巻の走りをみせた山本尚貴選手がポールトゥウィンを決め、SF14ラストイヤーを飾るチャンピオンとなりました!
気になる次期マシンのSF19、デモランを見ただけですが全体のフォルムはカッコよく、かなり速そうな印象を受けました。
ただ、HALOの存在がどうしても気になってしまうのは仕方のないことかもしれませんね。

という事で、よもやの2週連続レース観戦となりましたが、さすがに翌週のMFJグランプリには行きませんでした。
3週続けてのレース観戦はいろんな意味で負担が大きいものです…。(^^;)

ともあれ、これで2018年のレース観戦は終了となります。
あとはモータースポーツ関連のイベントに1回くらい行きたいとは考えていますが、今のところは未定です。
とりあえず、『マタライネンっ!』(笑)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今シーズン最後なので、珍しい一枚を。(笑)
画像


【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EXT EF1.4×III  EF2×III
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Shift_My Haphazard Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる