デスクトップPCを5台(代)目にした話 その5

長々と引っ張ってきましたが、とりあえず今回で一区切りとなります。

さあ、それでは正解の発表です!
せっかく買ったグラボにあっさり見切りをつけたのか、もうオンボードでいいやと匙を投げたのか、いっその事ケースも換えてしまったのか?
私の決断は…こうなりました!!
画像

そうです。正解は、『3.グラボが収まる寸法のケースを購入して、中身を丸ごと移植したのちグラボを取り付ける。』でございました。
今までグラボを使っていた身でいきなりオンボードのグラフィックで我慢しろと言われても、さすがにできるわけがありません。(笑)
よって、2.の選択肢はすぐに却下となりました。
ならばとグラボの買取価格を調べてみましたが、グラボの買い替えは思った以上に追加費用がかかる事と、開封未使用で手放すのも
なんだか勿体ない気がして、1.の選択肢もなくなりました。
という事で、この翌日またしてもツクモに行って店員さんに相談して内寸を測定してもらった結果、今使っているFractal DesignのDefine R4に
不満がなければ同じFractal DesignのDefine R5がよいとのアドバイスを頂き、納得できるお値段だったため購入に至りました。
ちなみにDefine R5の後継機であるR6もありましたが、ケース内の奥行が300mmとものすごく微妙だったため、クリアランスの大きいR5を選びました。
ところで、ツクモでケースをいろいろ物色してみると、最近は5インチベイがないケースと『魅せる』ケースが増えてきたなぁと実感しました。
Windows 10のインストールメディアはUSBメモリを使い、音楽や映像は光ディスクからダウンロード配信へ移行している現状を考えると、
光学ドライブの必要性は以前に比べて徐々に減ってきているのかなとも思いました。

さて、前置きはこれくらいにして、いよいよDefine R4からR5へのケース交換とグラボの取付を行います。
こちらはグラボのなくなったPC。ケースはDefine R4です。
画像

約30分かけて、ごっそりパーツを取り除きます…。嗚呼、無念也。(泣)
画像

で、こちらが新しいケースのDefine R5。パッと見ではあまり変化がありませんが、実際にパーツを取り付けていくとその微妙な変化のおかげで
とても組みやすくなっている事を実感できます。
画像

面倒なので一気に端折り、無事にグラボの取付に成功しました!奥行は問題なくクリアランスもちゃんと取れています!(^^)
画像

と、ここで気になるのがグラボが長く重くなった事で自重によって傾いてしまい、グラボやマザーボードに負担がかかってしまう事です。
そんな時に、『天の声』(懐かしい~。)のお導きがあり、「VGAサポート」なるものをAmazonで購入しました。
このVGAサポート、PCケースの底面にマグネットを使って接着・固定してグラボを物理的に支える、いわば突っ張り棒みたいなものです。
画像

実際に取り付けてみると、こんな感じになります。これでグラボの傾きがなくなり、マザーボードへの負荷も軽くなりました!(^^)
画像

以上で、今回のデスクトップPCの構成変更はひとまず完了。結果的に光学ドライブとHDD・SSD以外は総入替となりました。(笑)
せっかくなので、今回新規導入したNVMe接続のM.2 SSDと以前から使用しているSATA接続の2.5インチ型SSD、それに3.5インチのHDDの読み書き速度を
ベンチマークの定番ソフト、CrystalDiskMarkを使って測定・比較してみます。

まずはNVMe接続のM.2 SSD。モデルはSamsung 960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT(250GB)です。
画像
リード2793.7MB/sec、ライト1392.5MB/secと、申し分のない速度が出ています!

お次はSATA接続の2.5インチタイプのSSD。モデルはSanDisk SDSSDXPS-240G(Extreme Pro)です。
画像
リード545.6MB/sec、ライト519.8MB/secと、実用的には十分な速度が出ていると思います。

最後に参考として、SATA接続の3.5インチHDD。モデルはSEAGATE ST4000DM004-2CV104(4TB)です。
画像
…まあ、こんなもんでしょう。
正直なところ、普通に使う分にはSATA接続の2.5インチタイプのSSDで十分速さを体感できる速度が出ています。
私の場合、新しい環境で使えるパーツが増えてそれを試してみたいという思いから、NVMe接続のM.2 SSDを導入したわけです。
あと、NVMe接続のM.2 SSDは発熱しやすいため、ヒートシンクの装着はもちろん高負荷時の発熱による性能低下も考慮する必要があるかと思います。
それでもNVMe接続のM.2 SSD導入のメリットは補って余りあるものだと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

最後に、今回デスクトップPCの構成変更にあたり下記サイトを参考にさせて頂きましたので、この場をお借りして紹介したいと思います。
(リンクフリーなのでURLを貼らせて頂きます。)
やかもちさんが運営されていらっしゃるブログ、『ちもろぐ』です。
主に「PCゲーム」・「自作PC」・「ゲーミングPC」の話題が中心で、とても読みやすく内容も充実したブログです。
私のPC関連の知識における5年間の空白期間は、この『ちもろぐ』で補完できたといっても過言ではありません。

という事で、デスクトップPCを5台(代)目にした話、これにて終了でございます。
最後まで見て頂き、ありがとうございました♪(^^)

"デスクトップPCを5台(代)目にした話 その5"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: