デスクトップPCを5台(代)目にした話 その1

きっかけは、なんとなく。(笑)

2013年12月に初のフル自作で組み上げたデスクトップPC。特に深刻なトラブルもなく、パーツ交換・増設等を行いながら運用してきました。
4台目のデスクトップPC、最終的な構成はこのようになりました。
◆CPU:Intel Core i7 4770
◆CPUクーラー:ENREMAX ETS-T40-TB
◆マザーボード:ASUS Z87-PRO(V EDITION)
◆メモリ:CFD ELIXIR W3U1600HQ-8G(8GB2枚組)
◆メモリ:Crucial W3U1600CM-8G(8GB2枚組)
◆電源:ENERMAX ERV550AWT-G REVOLUTION87+ 550W
◇SSD:SanDisk ExtremePro 240GB(OS・アプリ用)
◇HDD:WESTERN DIGITAL WD30EZRZ-RT(3TB) 他数台
◇光学ドライブ:Pioneer BDR-209BK/WS
◇グラフィックボード:MSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G(玄人志向 Radeon RH7750-E1GHD/D3から買い替え)
◇ケース:Fractal Design Define R4
◇OS:Microsoft Windows10 Home 64bit(Windows 7からの無償アップデート)
※上記パーツのうち◇は次のマシンに流用可能なもの、◆は規格変更のため流用不可なものとなります。

あれから4年10ヶ月あまりの月日が流れ、CPUはインテル第4世代から第9世代になり(パーツ購入時はちょうど第9世代Coffee Lake-Refresh発売のアナウンスがあったばかりでした。)、ソケットの規格は第4世代のLGA1150からLGA1151に変更、さらにマザーボードのチップセットや対応メモリの規格も変更となりました。
そのため、前述した流用不可のパーツは必然的にまとめて入れ替えをしなければなりません。
一方、AMDからはコストパフォーマンスに優れたマルチコアCPU・Ryzenシリーズの発売があり、CPUに大きな動きがありました。
確かにRyzenのコストパフォーマンスは気になりましたが、今回のコンセプトは『鉄板構成』。
ということで、CPUはインテルから選ぶことにしました。
大方の構成をあちこちのウェブサイトを見ながら考えて、いざパーツ調達のため毎度おなじみのツクモ名古屋1号店へ!…と、ここまではよかったのですが、なんとちょうど私が訪れた時にはなぜかZ370系のマザーボードがことごとく品切れ状態。
そこで、iPhoneで調べてみると近日中(ツクモに行った日の週末)に各社からZ390系のマザーボードがリリースとなる事がわかりました。まさにインテルCPU系マザーボードの新台(?)入替時期とバッティングしてしまったことになります。
Z390とZ370のマザーボード、同クラスであれば価格差はほとんどないと予想してこの日は価格と現物調査に留めて帰宅、週末再びツクモに向かいました。
そして、親切な店員さんと相談と商談を重ねて購入したパーツはこちらです!

☆CPU:Intel Core i7 8700K
☆CPUクーラー:CRYORIG H5 UNIVERSAL
☆マザーボード:ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
☆メモリ:CFD Ballistix W4U2666BMS-8G(8GB2枚組)
☆電源:Seasonic FOCUS Plus 650 Gold SSR-650FX(650W)
☆M.2 SSD:Samsung 960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT 250GB

画像


まずはCPU。限定版のCore i7 8086Kはお高いので必然的に8700Kとなりました。
基本的にオーバークロックはしませんが、以前の4770と4770Kと違い、KありとKなしではHaswellの頃よりもCPUの性能差が大きくなっている事を店員さんから聞き、価格差もさほどなかったため今回は8700Kを選択しました。
画像


CPUクーラーは大定番の虎徹 MarkⅡを考えていましたが、店員さんのおすすめもありCRYORIG H7をチョイス。
…したかったのですが、まさに店員さんとお話ししている最中に目の前でH7が売れてしまい、在庫がなくなってしまいました。
で、今回は在庫のあったH5 UNIVERSALを購入する事にしました。
私の使用目的と頻度では水冷クーラーを導入するメリットがないので、今回も空冷でいきます。
画像


マザーボードは個人的な好みもありASUS一択!(GIGABITEやASRock、MSIの製品が悪いわけではありません。)
当初購入を目論んでいたのはROG STRIX Z370-F GAMINGですが、前述の通り完売になったので発売直後のZ390を購入しました。
価格差は…ほとんどなかったような気がします。
画像


メモリはマイクロンのチップセットを使用したもので、ヒートシンク付のスタンダードなものから選択しました。
最近のメモリはヒートシンクが光って煌びやかなものが多くなっていますね。ちなみにこのメモリは光りません。(^^;)
画像


電源は選択肢も多くて悩みましたが、日本製コンデンサ使用かつ80 PLUSゴールド認証以上の製品を候補にした結果、今回はSeasonic(通称:紫蘇)電源をチョイス。ちょうどFOCUS Plusが特価品となっていたためこちらを購入しました。必要に応じてコードを接続できるフルプラグイン仕様なので、電源周りの配線もスッキリできます。
画像

余談ですが、Seasonic代理店のオウルテックはSUPER GTやスーパーフォーミュラでおなじみ、チームルマンのスポンサーでもあります。
という事でこの2台。ちゃんと"Owltech"のスポンサーロゴが入ってますね。(笑)
画像

画像


そして今回、新規導入となったのがM.2 SSDです。
このM.2 SSD、乱暴に言ってしまえばSATA接続よりもさらに速い、マザーボードに直接接続するSSDでございます。
SATA接続のSSDの速度には十分満足できていますが、せっかく新しい環境に一新するならアクセントがほしいな~という思惑から、導入を決めました。
画像

あ、そういえばツクモお馴染みの特典・つくもたんクリアファイルも頂いてきました。せっかくなので掲載しましょう。(笑)
画像

ということで、新規購入したPCパーツの紹介でした。
次回は久しぶりにケースを開き、パーツをとっかえひっかえしつつ構成を変えていく様子をアップします!

この記事へのコメント

  • ジュニアユース

    こんにちは。
    まさに今の私にぴったりの話題です。
    私の今のパソコンも、Core i7 4770+Z87ですが、これがもう限界かな~と思っていた矢先の今回の記事でした。
    私も年内は無理としても、来年には新調しようかと画策していますので、参考にさせていただきます。
    2018年12月09日 12:43
  • 初期型ブラックランダー

    ジュニアユースさん こんばんは!
    インテルCPUの供給不足状態が続く中、第9世代のCPUが登場しましたね。
    第8世代とは価格差があるとはいえ、今後インテルCPUで組むなら第9世代のCore i7 9700Kあたりになるのかなと思います。
    個人的にはジュニアユースさんにM.2 SSDを導入して頂き、レポートを見てみたいところであります。(笑)
    あまり参考になるかどうかわかりませんが、あと数回新PC関連の記事をアップしてみたいと思います。
    2018年12月09日 21:29