2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ

ロードレースの二大イベントといえば真夏の祭典・鈴鹿8時間耐久ロードレースと、秋の祭典・MotoGP日本グランプリ。
今年は金曜日こそ若干天候が崩れたものの、予選・決勝は見事な秋晴れに恵まれ、気持ち良い青空の下で世界選手権を観戦する事ができました。
昨年の記事で、『来年は必ず晴れてね』と願ったことが功を奏した!…と思いたいです。(^^;)
2年前と同じく、MotoGPクラスのマルク・マルケス選手がチャンピオンを決めた瞬間を見届ける事ができたのも、
普段の行いがいいからだと勝手に思っています。(笑)

久しぶりにお会いした仲間の皆様とも撮影を楽しむことができ、最高に充実した三日間となりました。
皆様、三日間本当にお世話になりありがとうございました♪(^^)
MotoGPよ、ツインリンクもてぎよ、マタライネンっ!!
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


【撮影機材】
※EOS-1D X
※EOS 5D Mark IV
※EF400mm F2.8L IS II USM
※EF16-35mm F4L IS USM
※EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
※EXT EF1.4×III  EF2×III

この記事へのコメント