My 39th × HATSUNE MIKU 10th Anniversary

毎年恒例のイベント?ですが、今年はチームSARDがゼッケン1番をつけていてGTネタは使えず。
スーパーフォーミュラでもCERUMO・INGINGはチャンピオンチームで、これまたネタにならず。
かと言って、2輪のTeam Motorrad39では安直すぎる…。
さてどうしたものかと思っていた折、ボーカロイドの「初音ミク」が2007年8月31日の発売から10周年を迎えたという事を知りました。
SUPER GTでも今や大人気となった初音ミク。その初音ミクが描かれたマシンの初登場は、2008年のPokka1000km(金曜フリー走行)でした。
当時は『痛車』の部分がクローズアップされ、イロモノ的に見られていた初音ミク号は、その後ファン層の拡大とともにチーム力も増していき、
ついに年間チャンピオンを獲得するまでに至りました。

そんなわけで、今年は勝手なコラボ企画として私と初音ミクの誕生祭を同時に開催します!(一日違いですが。)
行政(千葉市)が初音ミクとコラボした裏で、いち個人が勝手なコラボ企画をやっても無問題でしょう。(笑)
初音ミク号やそれにまつわる写真は、全て私が鈴鹿1000kmで撮影したものになります。

まずは2008年のPokka1000km。記念すべき初音ミク号のデビューでした。
が、レギュレーション違反により本戦への出場は果たせず。金曜日のフリー走行のみで終わってしまいました。
画像

2009年、走行距離が1000kmから700kmに短縮となり、レース名もPokkaGTサマースペシャルに。
この年の初音ミク号はドアのイラストが左右で異なっていました。
画像

画像

2010年、前年同様走行距離は700kmで、PokkaGTサマースペシャルとして開催。
このシーズン、初音ミク号はBMW・Z4からポルシェ997GT3Rにスイッチ。
画像

画像

2011年、PokkaGTサマースペシャルは東日本大震災の影響で走行距離が500kmに短縮されました。
初音ミク号は再びポルシェ997GT3RからBMW Z4 GT3にスイッチ。
ドライバーは谷口信輝選手が新たに加入し、念願の初チャンピオンに輝いたシーズンでもありました。
マシンばかりで飽きた頃ですから、たまには息抜きでマシン以外の写真をば。(笑)
画像

画像

2012年、久しぶりにPokka1000kmのネーミングが復活!
このシーズンの初音ミク号は0号車と4号車の2台体制でした。
0号車のドライバーは谷口選手と片岡龍也選手によるコンビとなり、現在に至る布陣となったのもこの年でした。
画像

画像

2013年は最初で最後の『インターナショナル ポッカサッポロ1000km』となり、初音ミク号は再び4号車の1台体制に戻りました。
画像

2014年、とうとう冠スポンサーがなくなり『インターナショナル SUZUKA1000km』となりました。
鈴鹿1000kmで初音ミク号のブレーキローター焼けが撮れたのは、この年が最初で最後でした。
画像

2015年、マシンがBMW Z4 GT3からメルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3に変わりました。
画像

2016年、マシンをメルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3からメルセデスAMG・GTにスイッチ。
画像

画像

そして2017年。46年にわたる鈴鹿1000kmのフィナーレ、"SUZUKA 1000km THE FINAL"を迎えることになりました。
画像

画像


おまけ。
画像


という事で、鈴鹿1000kmとともに振り返る初音ミク号の10年史と私の誕生祭のコラボ企画でした。
で、改めてなぜ今年は初音ミクなのか?すでにご承知かとは思いますが…。
ミク=39の語呂合わせからきております。(笑)

さて、来年は本当にネタがありませんよ…っと。(^^;)

この記事へのコメント